FRANK LLOYD WRIGHT

e0130464_1585338.jpgフランク・ロイド・ライトは、ル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエと共に、「近代建築の三大巨匠」と呼ばれています。モダニズムの流れを汲んだ、幾何学的な装飾と流れるような空間構成が特徴です。
代表作として、「カウフマン邸(落水荘)」、「グッゲンハイム美術館」、「ロビー邸」、「ジョンソンワックス社事務所棟」などがあり、日本では、「帝国ホテルライト館」や「山邑邸」、「自由学園」を設計しています。

彼は自分の作品を「有機的建築」と称し、自然界に存在する生き物のような、機能的で美しい、周囲の環境に溶け込む、普遍的なデザインの建物を提唱し続けました。

ライトは天然のもの、地元の素材、暖色系のアースカラー、ヒューマン・スケールそして屋内と屋外の一体化を好んだが、これらの価値観はすべて日本の伝統と符合している。ライトは窓や戸口を額縁のように利用して「景色を拝借した」が、これは日本で借景と呼ばれている概念だ。ライトが魅了された幾何学的形状も、日本の伝統的建築の基本である畳と共通性がある。

【フランク・ロイド・ライトと日本】
ライトが浮世絵をこよなく愛していたことはよく知られている。ライトが浮世絵に関心を持ったのは1890年代にさかのぼる。1600年代半ばからの歴史をもつ「浮き世(現世)の絵」である浮世絵では着飾った遊女、歌舞伎役者、風景のほか、人々の日常生活が描かれており、当時の建物の外観及び室内を垣間見ることができた。

生前のインタビューでライトは「初めて浮世絵を見たときのことをよく覚えている。決して忘れられないだろう。浮世絵は私の感性と考え方に大きな影響をもたらした」と語っている。
e0130464_14484244.jpg

落水荘のモデルとなったとされる葛飾北斎の「諸国滝廻り 木曽海道 小野ノ瀑布」

ライトが初めて日本の建築と出会ったのはおそらく1893年のシカゴ万博での日本館「鳳凰殿」だろう。当時の中堅財閥である大倉財閥からライトに帝国ホテルの新館の設計を依頼。同ホテルの建設費が当時としては巨額の300万ドルにまで膨らみライトへの批判が高まった際も、同財閥の創業者、大倉喜八郎はをライトを支持することを断固としてやめなかった。
日本にも数々のデザインを残しています。
■旧帝国ホテル
e0130464_15463497.jpg

平等院鳳凰堂からインスピレーションを受けたというデザインは、左右対称に構成され、日本建築史上最高傑作とも讃えられました。
e0130464_161014.jpg

日本的な素材である大谷石を多様。
e0130464_16113978.jpg

ライトは、館内装飾や調度品も自らデザインしました。

■旧山邑家住宅
e0130464_18333553.jpg

ライトが設計した建築物としては日本に完全な形で現存する唯一の作品で、その価値の高さから1974年、大正時代以降の建造物として初めて、かつ鉄筋コンクリート建造物としても初めて国の重要文化財に指定されている。
e0130464_18361120.jpg

旧山邑家住宅の応接室。

■自由学園明日館
e0130464_18432430.jpg

ライトの第一期黄金時代の作風にみられる、高さを抑えた、地を這うような佇まいを特徴としています。
e0130464_18503882.jpg

室内に光を差し込む窓は幾何学的模様の装飾が施されています。
e0130464_18512593.jpg


その後もライトは1936年のペンシルバニア州のカウフマン邸/落水荘や1959年のニューヨーク市のグッゲンハイム美術館などアメリカを代表する建築作品を設計し続けた。

■落水荘
e0130464_1881896.jpg

渓流の上にダイナミックに跳ね出したリヴィングの屋根とそれと直行する大きなキャンチレバーのバルコニー。
ライトの最高傑作のひとつであり、建築デザイン史に残る建物です。
e0130464_11202443.jpg

■グッゲンハイム美術館
e0130464_19174872.jpg

ライトの遺作の一つとなったグッゲンハイム美術館。完成する前に亡くなってしまったため完成を見届ける事はできませんでした。
e0130464_1919617.jpg

建物は巻貝の様な構造になっていて上から下へ廻りながら鑑賞する。


そんなフランク・ロイド・ライトの優れたデザインがお楽しみ頂ける商品をご紹介します。


■ACME
e0130464_16305699.jpg

PLAYHOUSE / FRANK LLOYD WRIGHT
CARD CASE ¥4.600(税抜)
ROLLER BALL ¥9.000(税抜)
こちらの「PLAYHOUSE」はフランク・ロイド・ライトが手掛けた、イリノイ州ヴァ-サイドのクーンレイ邸のステンドグラスをモチーフにしたデザイン。

e0130464_164199.jpg

LOGGIA GATES / FRANK LLOYD WRIGHT
CARD CASE ¥4.600(税抜)
ROLLER BALL ¥9.000(税抜)
こちらの「LOGGIA GATES」はライトが設計を手掛けたニューヨークにあるグッゲンハイム美術館の象徴とも言える螺旋状の廊下をモチーフにしたデザインです。

■Noritake
e0130464_1694078.jpg

フランク・ロイド・ライト ティー・コーヒー碗皿ペアセット ¥6.000(税抜)
この食器シリーズは、歴史的な建物である『帝国ホテル ライト館』(1923~1967)を設計した世界的な建築家フランク・ロイド・ライトがデザインし、当時館内で使用していたテーブルウェアを米国フランク・ロイド・ライト財団より許可を得て復刻したものです。
鮮やかな色彩と幾何学模様が織りなすデザインをそのまま生かし、形状を現代風にアレンジしました。くつろぎの一時をライトが彩る世界でお楽しみください。

上記ご紹介した商品は店頭にてご購入頂けます。
ご紹介した以外にもお取り扱いがございますので、是非見に来て下さい!

お待ちしてます♪



e0130464_17443992.pngSPACE COWBOY+ instagram
" spacecowboy_plus "で検索して見て下さい♡



SPACECOWBOY+オンラインショップ↓↓↓
e0130464_1843322.jpg

[PR]
by SPACECOWBOY-P | 2015-05-23 17:52 | ☆INTERIOR NEWS☆ | Comments(0)